SOLUTION

サラダマックの失敗

日本マクドナルドの社長を原田泳幸さんがしていた頃のエピソードです。

消費者調査をすると、決まって「ヘルシーなものが食べたい。だからマクドナルドでも、サラダやラップサンドのようなヘルシーなメニューを出して欲しい」という声が多かったそうです。

しかし、その声に応えるような「サラダマック」を投入したところ、全く売れませんでした。一方、それとは正反対の志向の「メガマック」や「クォーターパウンダー」を発売したところ、大ヒットしたのです。

普通に聞けば、「ヘルシーじゃないからマックにはいかない」とか「サラダのようなものがあればマックにいくかもしれませんね」と答える人も、こころの奥では、「分厚い食べ応えのあるハンバーガーを見せられると、たまにはガブッとかぶりつきたくなる」という心理が隠れていたのです。

この心理の両面を天使と悪魔になぞらえて、「エンジェルマインド」「デビルマインド」と呼んでいます。

七つの大罪/美徳

キリスト教の考え方に、「七つの大罪」というものがあります。※

傲慢(高慢)
憤怒(激情)
嫉妬(羨望)
怠惰(堕落)
強欲(貪欲)
暴食(大食)
色欲(性欲)

一方、同じくキリスト教の考え方に「七つの美徳」があります。※

忠義・誠実
寛容
勤勉
慈愛・親切
分別・節制
純潔
節制

※諸説あります。

マクドナルドの例にあてはめると、
◎エンジェルマインド:ヘルシーなものが食べたい → 分別・節制
◎デビルマインド:たまには分厚いハンバーガーをガブッとやりたくなる → 暴食(大食)
ということです。

デビルインサイトの重要性

一流の大学を卒業し、一流の企業に就職してマーケティングや研究開発に携わっている多くの方は、人のエンジェルな部分にばかり目を向けがちです。

世の中や人間を斜めから見たり、うがった見方をしないのです。

しかし、それでは、人間の半分しか見ていないことになります。
人間には、エンジェルマインドとデビルマインドが両方あり、その両面を見てはじめて人間の全部なのです。

デコムでは、デビルインサイトをクライアントに提供し、多くの商品やプロモーションを成功に導いてきました。

その過去の知見を「マインドマンダラ」というツールにまとめ上げています。
デビルマインドとエンジェルマインドを8つのゾーンに分類し、それぞれのゾーンにキーワードや情緒ワードをプロットしたものです。

このマインドマンダラを活用することで、インサイトリサーチによるアイデア開発の精度を高めています。

よく読まれている記事

SOLUTION

買わない理由を聞かずに、買わない理由を明らかにする方法とは?「買わない理由の法則」

2017.03.10

OTHER

ブランド、競合、市場、流通、技術やユーザーではなく、まず人間を見にいこう「人間を見にいく2つの道しるべ」

2017.08.03

OTHER

だいたい、いいんじゃないですか?という消費者を相手にヒットを生みだす、デコムインサイトスクール

2017.07.25