SOLUTION

新しいニーズが顕在化しつつあるが、まだそれを充たす商品は無い。
これをホワイトスペースと呼んでいます。

ホワイトスペースを発見し成功した例

【例】白髪に変えるワックス
・いま、黒髪を白髪に見せる男性向けのヘアワックスがヒットしている
・白髪をコンプレックスとして隠すのではなく、全体を白髪にして大人のおしゃれを楽しむ
・「アンチエイジング(加齢に抗う)」に対して、「エイジングをポジティブに楽しむ」というスペースに、隠れたニーズを見い出した例

【例】ディズニーランド
・それまでの遊園地の「子供が楽しむ場所」に対して、「大人の夢がかなう場所」というスペースに、隠れたニーズを見い出した例

【例】俺のスイーツ
・それまでの「女性向けのヘルシー系デザート」に対して、「男のためのガッツリ系デザート」というスペースに、隠れたニーズを見い出した例

ホワイトスペースの見つけ方

1)ホワイトスペースを見つけたい市場を、大まかに設定する
・例えば、アルコール飲料、化粧品、健康食品、ゲームなど
・ターゲット市場に既に存在する主な商品を列記する

2)トレンド事象を探る領域を設定する
・例えば、飲食、美容行動、健康、エンタメなど
・ターゲット市場も含む、少し大きなレイアーで設定する
・デスクトップリサーチやエキスパートインタビューを行い、トレンド事象を収集する
・トレンド事象とは、新たな生活者行動(最新トレンド、密かなブーム、知られざる生活行動)を指す。
・通常、80前後のトレンド事象を収集する

3)トレンド事象の分類軸を洗い出す
・トレンド事象を俯瞰し、それらを二分する軸を15~25程度、作成する
「アンチエイジング(加齢に抗う)⇔ エイジングをポジティブに楽しむ」
「子供が楽しむ場所 ⇔ 大人が楽しむ場所」
「理性 ⇔ 欲望」など

4)3で作成した軸を2つ選んで、4象限のマップを作る
・強制発想法を用いて、2つの軸をたくさん掛け合わせていく

5)4で作成した4象限のマップに、トレンド事象と既存商品をプロットする

6)ホワイトスペースが見つかる
・トレンド事象はあるが、既存商品がない象限が、ホワイトスペースだ
・ホワイトスペースは、通常10~20個を発見できる
・例えば、「男性⇔女性」という軸と「アンチエイジング(加齢に抗う)⇔エイジングをポジティブに楽しむ」という軸を掛け合わせた4象限のマップにおいて、「男性×エイジングをポジティブに楽しむ」という象限がホワイトスペースとして見い出されるといった具合だ

ホワイトスペースの発見から、商品コンセプト開発へ

7)ホワイトスペースにあるトレンド事象を一覧化する
・通常20~30のトレンド事象が対象となる

8)7のトレンド事象を実際に行っている個人を特定する
・Webサーベイで数万単位のスクリーニング調査を行い、個人を特定する

9)潜在ニーズを浮き彫りにする
・特定した個人が、そのトレンド事象にどんな価値を見い出しているのか、また、どんな不満や未充足を抱いているのか、潜在ニーズを明らかにしていく
・デコムのインサイトリサーチ手法(ビジュアル刺激法、行動観察、Web文章完成法など)を活用する

10)潜在ニーズを充たす、新商品のコンセプトを企画する
・デコム独自のフレームワークとワークショッププログラムを用いて、①ホワイトスペース、②ターゲット、③キーインサイト、④バリュープロポジション、⑤商品アイデア、⑥実現方法(技術課題)を明確にする

※以降、上市までの「コンセプトテスト」「プロトタイプテスト」「ネーミング、パッケージテスト」「プロモーションアイデア開発」の工程も、デコムにてワンストップで支援することが可能です。

アウトプット(標準的な例)

○ホワイトスペースとトレンド事象の一覧
・発見されたホワイトスペース(通常10~20個)
・トレンド事象(通常80個前後)

○個別インサイトシート
・ホワイトスペース(トレンド事象)に潜むニーズを分析したもの
・「シーン」「源泉要因」「情緒」「生活背景」を構造化して1ページにレイアウトしたシート
・このシートを数十枚アウトプットする

○インサイトマップ
・多数のホワイトスペース(トレンド事象)に潜むニーズ(=個別インサイトシート)を2軸で整理したマップ
・一枚絵で潜在ニーズの全体が理解できる

○オポチュニティ分析
・インサイトマップから見い出されるビジネス機会を明らかにする

○新商品コンセプト案
・ビジネス機会とホワイトスペースが明確な新商品コンセプトが手に入る
(通常5~20案)

こんなあなたに最適

・成熟した市場で、なかなか新たな潜在ニーズを見い出せず、一定以上の受容性と新奇性を併せ持った商品コンセプトが開発できずに苦労されている方

活用シーン

・成熟した市場における新商品、新サービスのコンセプト開発
さぁ、あなたもデコムと一緒に「スペースファインダー」で成熟市場における新商品開発を成功させませんか?

よく読まれている記事

SOLUTION

買わない理由を聞かずに、買わない理由を明らかにする方法とは?「買わない理由の法則」

2017.03.10

OTHER

ブランド、競合、市場、流通、技術やユーザーではなく、まず人間を見にいこう「人間を見にいく2つの道しるべ」

2017.08.03

OTHER

だいたい、いいんじゃないですか?という消費者を相手にヒットを生みだす、デコムインサイトスクール

2017.07.25