SOLUTION

新奇事象に着目した例

【例1】
<新奇事象>
「きっと勝つ」ということから、受験生がキットカットをお守りにしている
<施策>
受験キャンページ

【例2】
<新奇事象>
若者が、オンロード用の自転車を改造して山道を楽しんでいる
<施策>
マウンテンバイクの開発

【例3】
<新奇事象>
ビールを冷蔵庫のチルド室で凍る寸前までキンキンに冷やして、飲んでいる人がいる
<施策>
凍る寸前まで冷やしたビールの提供

【例4】
<新奇事象>
工事現場など使用されるマスキングテープを使って、写真のコラージュなどを楽しんでいる女性がいる
<施策>
女性向けの雑貨としてマスキングテープ開発、雑貨店などで発売

※上記は当社の支援事例ではありません

なぜ「新奇」と称しているか?

・あなたの知らない新しい事象だから
・未だ、どの企業も充たしていない新しいニーズの仮説が得られるから

「最新トレンド情報」と「新奇事象リサーチ」の違い

新奇事象リサーチは
・新奇性のある行動とそれを実際に行っている個人を特定する
・個人を特定するので、事実(その人のその行動)に基づいてインサイトを探り出せる

「メガトレンド」と「新奇事象」の関係

例えば『健康志向の高まり』は「メガトレンド」。
そのメガトレンドの潮流の中で、具体的に誰がどんな新しい生活行動を起こしているのか、それが「新奇事象」

「未来予測」と「新奇事象リサーチ」の関係

必ず起こる未来や、起こるであろう未来の予測に関しては、いろいろな情報がある
例えば「今より女性管理職の割合が増える」という予測がある
その未来予測が現実になったとき、新たにどんなニーズが生まれるだろうか
そのヒントを「新奇事象」に見出すことが可能。

新奇事象の見つけ方

・Webサーベイで、数万単位のサンプルを回収する
・独自の聞き方と選定プロセスにより、新奇事象を抽出する
・ご要望に応じて数十から数百の新奇事象をリストアップする
・そこから、新奇事象に潜む消費者の欲求(インサイト)を分析する

アウトプット(標準的な例)

○新奇事象リスト
・50事象を超える新奇事象のリスト
・誰が、どんな時に、どんな行動をしたか

○個別インサイトシート
・新奇事象に潜むニーズを分析したもの
・「シーン」「源泉要因」「ベネフィット」「生活背景」を構造化して1ページにレイアウトしたシート
・このシートを数十枚アウトプットする

○インサイトマップ
・多数の新奇事象に潜むニーズ(=個別インサイトシート)を2軸で整理したマップ
・一枚絵で全体を俯瞰して見られる

こんな方におすすめ

  • 商品やプロモーションの企画のヒントを常に探している
  • 最新トレンド情報や世の中の大きな変化は理解している
  • でも、他社に抜きんでたアイデアになかなか行きつけなくて、困っている
  • 筋のいいヒントを見つけるのは、大変

よく読まれている記事

OTHER

デコムの最新刊『「欲しい」の本質~人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方~』

2017.12.08

SOLUTION

買わない理由を聞かずに、買わない理由を明らかにする方法とは?「買わない理由の法則」

2017.03.10

OTHER

競合やユーザーを調べるんじゃなくて、人間を見に行こう

2017.12.01