SYSTEM

 こんな経験はないでしょうか?
 インタビューや調査で語られていることが、表面的なだけのきれいごとのようで、リアリティが感じられない。
 理想的な正論だけが語られていて、それが本当に感じていることなのか、納得できない。それは、「きれいごとの罠」に陥っているからかもしれません。

そこで今回は、「デビルインサイト」「欲望マンダラ(エッセンス版)」をご紹介します。

人間を動かす力が強い「デビルインサイト」

人間の心理には、「表と裏」の二つの側面があります。人前で堂々と口に
できる「善」「正しさ」を持つ「表」の面だけでなく、「悪」の心、人前で
口にすることがはばかられ、仮に口にするとけげんな顔をされたり軽蔑され
たりするような「裏」の心という両面があります。

キリスト教では、「暴食」「色欲」「強欲」「憤怒」「怠惰」「傲慢」
「嫉妬」の七つの欲望を、人間を罪に導く可能性がある「七つの大罪」として
戒めています。
また、仏教でも「煩悩」という言葉で同じようなことが説かれています。
古今東西、人の心は正しく美しいことばかりではないということです。

人間はそのような「悪」の心から逃れることが難しい、そして、人間を
動かす力は「善」よりも「悪」のほうが強い、というのが、人間の本質
なのです。「悪魔のささやき」という言葉がありますが、その「悪の心理」を、
デコムでは「デビルインサイト」と呼び、重要視しています。「善の心理」は
「エンジェルインサイト」と呼びます。デビルとエンジェルの両面を見なければ、
人間のすべてを理解したとは言えないのです。

人の欲望の全部を一覧化した「欲望マンダラ」

これまでデコムでは、企業のアイデア開発を600件以上支援してきました。
その過程で、数多くのインサイトを抽出してきました。そこで、これまでの
プロジェクトを通して、どのようなインサイトが人を動かしてきたかを総ざらいし、
その結果を系統立てて一覧化して「欲望マンダラ」として整理し、ビジュアライズ
しました。

ここで整理された欲望の一覧は、インサイトリサーチのスパイスとして加える
ことで、なかなか口にしづらいデビルインサイトを引き出すために活用されて
います。デコムのインサイトリサーチが、人のデビルな欲望を引き出すことに
有効である理由は、この知見が活かされているからなのです。

このような「デビルインサイト」に目を向けることで、調査対象者の心理を
読み解く視点が表層的、一面的にならず、「きれいごと」のターゲット理解に
終わることを避けられます。

デビルインサイトの例 「逸」の心理

デビルインサイトの中から、「逸」の心理について紹介します。「逸脱」
「禁忌」といった単語でイメージを補足することができます。人間が社会生活を
営む中で受ける制約や束縛、周囲からの目などに感じるストレスを消し去りたい、
という欲求です。その背景には、現代の社会から寛容さが失われて、不自由さや
息苦しさが強く感じられている、という実情があります。具体的な心理で説明する
と、「ルールを破りたい」「悪いことをしたい」といった心理につながります。

一方で、この「逸」と対になるエンジェルインサイトは、「放」の心理です。
「発散」や「解放」のイメージで、さまざまな制約や束縛から解き放たれたい
という心理です。「ストレスを発散したい」「自由になりたい」といった心理を
挙げることができます。

その他のデビルインサイトとエンジェルインサイトも8つの象限にプロットした
「欲望マンダラ」は、いわば人間の欲求を裏と表の両方から網羅した一覧となって
おり、インサイトの理解や整理に役立てていただくことができます。

 

よく読まれている記事

OTHER

データサイエンティスト・松本健太郎氏が株式会社デコムに参画

2018.04.11

SOLUTION

買わない理由を聞かずに、買わない理由を明らかにする方法とは?「買わない理由の法則」

2017.03.10

SYSTEM

クリエイティブジャンプに頼らない。アイデアを確実に導き出せる「インサイト必須4要素」とは?

2016.06.23