NEWS

デジタル時代の基礎知識「ブランディング」で「「欲しい」の本質」が紹介されました

2018.06.20

INFO

2018年3月15日に刊行、2018年6月20日現在3刷されて大好評を呼んでいる「デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール(MarkeZine BOOKS)」(著;山口義宏)。

この中で、マーケティング&ブランディングのおすすめブック・ガイドの1冊として「「欲しい」の本質」が紹介されました。

本書の中で山口氏は「非常に属人性が高く、再現性の低い顧客インサイトを掘り下げ、商品企画に活用することに特化した解説書」と説明しています。