NEWS

人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方「出版記念セミナー」対談内容が公開されました

2018.04.18

MEDIA

12月18日に開催された博報堂ケトル嶋浩一郎氏と代表・大松の対談が、宣伝会議に公開されました。
当日の熱い議論の内容の一部のみになりますが、ご参考頂ければ幸いです。

前編「人の欲望の発露、「インサイト」を捉えるには?」
https://www.advertimes.com/20180220/article265953/
================================
「市場が成熟している」とよく言いますが、言い換えると消費者があらゆるカテゴリーでだいたい充たされてしまっている、ということです。僕はそれを「だいたい、良いんじゃないですか時代」と呼んでいます。
================================

中編「バイアスにとらわれず、「人を見る」ことの重要性」
https://www.advertimes.com/20180227/article265981/
================================
インサイトを見つけるということは、人間を見にいって、商品に戻ってくるという作業をするということです。
皆はこれをやりません。なぜやらないかと言いますと、すぐに答えがほしいので、スキンケア商品をどうしたらいいのか、というように狭い視野で物事を考えてしまうからです。
================================

後編「論理と感性で捉える「インサイト」」
https://www.advertimes.com/20180306/article265984/
================================
イノベーションとは何か、新たな価値創造とは何かと言いますと、今の路線の延長線上にあるものではなく、新たな路線が生まれるものだということですから、既存路線とは何かということ認識しなければいけません。
================================