2020.04.30

【連載14回目】デコム入社1年目 ぴかりんのサブスクリプションって何!?

皆さんこんにちは、デコムでも在宅勤務が始まり動画配信サービスにどっぷり浸かっているぴかりんです。今まで見たかった作品、見たけどもう一度見たい作品等々、非常にのめりこんでおります。

前回までのぴかりん
【連載13回目】デコム入社1年目 ぴかりんのナッジについて語ってみた

皆さん、「サブスクリプションモデル」って知ってますか?
いやいやいやいや、さすがに知ってますよ!という方がほとんどだと思いますが、「実は言葉は知ってるけど詳しくは知らないのよね」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、私も「実は言葉は知ってるけど詳しくはねぇ」というタイプです。ということで今回は、いま世間で当たり前になっているサブスクリプションモデルについて語りたいと思います。

最近色々なところで話を聞くサブスクリプションモデル。「サブスク!」なんて言ったりもしますよね。ぴかりんがはまっている動画配信サービスや食材を運んでくれるサービス等々色々なところでサブスクモデルのサービスが広まっています。

ではまず、「サブスクリプションて何?」というところからですね。日本語に直すと【定期購読】。定額料金を支払うことで、一定期間サービスを受けられることを保証するサービスのことです。【月額料金】や【年間料金】で設定されているものはサブスクモデルに該当しますね。

昔からあるものだと新聞の定期購読がなじみ深いですね。最近では、動画や音楽配信サービスから何でもありますよね。最近驚いたのは、上司をサブスクするサービスもあるのだとか・・・。

サブスク【メリット・デメリット】

では、サブスクのメリットとデメリットを紹介していきます。

サブスクが広まったのは、スマホ普及とほぼ同時期といわれており「スマホでサクッと契約して、サクッと解約」という手軽さも広まる要因になったのではないかと思っています。

そして何よりも安い!映画館で映画を見るためには1,800円かかりますが、動画配信サービスなら1,500円ほどで様々な作品が見放題です。ぴかりんが愛してやまないアイドルグループが3月発表した25枚目のニューシングルCDは1枚1,900円かかりますが、サブスクなら1,000円で聞き放題。圧倒的な安さです。

そして、モノを持つ必要がないんです。洋服のレンタルサブスクを使えば洋服を買わずとも毎月おしゃれな洋服が届きます。先月の分は送り返してしまえば、手元に洋服は残らないですよね。最近では自分専用のコーディネーターをつけることも出来るんだとか。個人的にはあまり自分のセンスに自信がないので、これは非常に便利ですよね。

企業としては、サブスク人口を数えるだけで継続的売り上げとして試算することもできますし、ユーザーの導入障壁を下げることもできます。

月1,000円サブスクを1万人が利用していれば来月とりあえずは、とりあえず1千万円は利用料で売り上げ出てるな。となりますね。

そして、導入障壁の話で言えばぴかりんが車を買いに来たとします。
「この車ほしいけど300万かぁ・・・」というぴかりんに店員さんから一言。

「お客様!実はこの車300万円するんですが、このサービスを使えば月々3万円で乗り放題でございますよ!」

となれば、「え、超お得じゃん!そのサービス詳しく教えてください!」

と、導入障壁を下げてトライアルに進むユーザーが増えるという仕組みです。

ここまでを見ていると「サブスク超便利じゃん!」ってなりますが、落とし穴もあるのでご注意を。

定額制で毎月払う。ということは、一切使わなくても定額料金は払わなくてはいけないです。映画館で映画を見なければ0円ですが、動画配信サービスは見ていないけど1,500円。何もしないで1500円はなかなかですよね・・・。

さらに、ものを持つ必要がない!ということは解約した瞬間手元には何も残らないということです。洋服のサービスで着ていたものはあくまでも返却しなくてはいけないので、サービスを打ち切ればその時点で何も持ってないという状況になります。

そして、スタート時点では利用者0なので売り上げも、もちろん0です。そして、常にサービス向上を求められます。
動画サブスクでずっと同じ動画が配信され続けていても飽きられてしまいますよね・・・。

デコムのサブスク【Trend bank】

なぜこんな話をしたかというと・・・デコムでもサブスクサービスがあるからなんです。

それがこのTrend banK

デコムのサブスク

【n=1行動が見放題!】の記事でTrend bankの紹介があるので詳細は省きますが・・・。「ルパン三世の格好をしながら晩酌をする」のような面白行動が約2,000行動入っています。

このサービスを使って皆様に定期的に見て欲しいのは「行動をしている人がどんな価値を持ってその行動をしているのか」という点です。

「ルパン三世の格好をしながら晩酌をする」も、もちろん私は価値を感じて行っていますよ。自分を奮い立たせることが出来るという価値ですね。

「そんな価値どうやって見つけるのよ!」って思ったそこのあなた!
今すぐURLにアクセス!

https://tre-ban.com/
今ならなんと2週間の無料トライアルと新価値の見つけ方レクチャー付き!
しかもなんと今ならぴかりんに会える!(どうでもええわ!)

この中に入っている2,000行動すべてに価値が隠れています。それを探して、商品の新しい価値や潜在的不満「インサイト」を見つけていってほしいと思います!

今回、また新たな知識を身につけたぴかりん。今後も知識を身に着けて目指せ!インサイトマスター!

がんばれぴかりん、負けるなぴかりん!ピカリンの成長はまだ始まったばかり・・・。

>>>STEP14につづく
【連載15回目】デコム入社1年目 ぴかりんの○○テックとインサイトについて語ってみた

関連記事

【連載9回目】デコム入社1年目 ぴかりんの夢の国に魅了された理由を探ってみた!

2020.02.18

既存ブランドのリニューアルを成功させる9つのルートとは?

2019.12.05

コロナでも化粧品が衰えないワケ?メガトレンドの背景に「n=1行動」の兆しあり!

2020.07.03