SOLUTION

ビッグデータから次のヒット商品は、開発できるか?
デコムでは、消費者のネット上での膨大な行動事実データを起点に、インサイトを見い出しアイデア開発を行います。

グーグルによるファッショントレンド予測

グーグルは膨大な検索データ、地理データから、2015年春のファッショントレンド(米国)の勝者・敗者を発表しました。

<伸びているファッション>
・チュールスカート:チュール素材のスカート。張りと透明感。ミニ、ミディ、ロング丈まで
・ジョガーパンツ:乗馬パンツの意味だが、今シーズンは、スウェット素材で
太股に余裕を持たせ、膝から下をフィットさせたシルエット    など

<衰退しているファッション>
・スキニージーンズ:ぴったりした細めのジーンズ
・ノームコアファッション:究極の普通服(急に伸びて、急に落ちた)          など

ビッグデータから次のヒット商品は、開発できるか?

答えはYesであり、Noです。

データ分析の目的は、4つあります。

1)何が起きたのか?(現状把握)
2)次に、何が起きるのか?(予測)
3)なぜ、それが起きたのか?あるいは、なぜそれが次に起きるのか?(因果関係の洞察)
4)そして我々は、次に何をすべきか?(アイデア開発)

いま注目を集めているビッグデータの分析に不十分なのは、3と4です。
1と2はサイエンスですが、3と4はアートの要素が強い。
人の直感や創造性が十分に引き出されるプロセスが無ければ、上手くいかない分析です。

グーグルが発表したレポートでは、1と2について示唆に富んだ分析が行われています。
これに3と4が加われば、次のヒット商品やプロモーション開発の可能性が大きく広がります。

そこで今回は、消費者のネット上での膨大な行動事実データを起点にインサイトを見い出し、アイデア開発に結び付けていく、デコムの「データサイエンス&アート」をご紹介します。

この1~4を一連でご提供します。

活用シーン

・新商品のコンセプト開発
・広告、プロモーションのアイデア開発

分析できるデータ

◎消費者のネット上での膨大な行動事実データ
・Web検索行動
~何と言うワードで検索したか?
~何と何のワードの組み合わせて検索したか?
・Webサイト訪問行動
~どこのWebサイトを見たか?
・ネットショッピングでの購買行動
~いつ、何を買ったか?
・ブログにどんな書き込みをしているか?

以上は、改めて取得しなくても自動的に蓄積されているデータです。
また、シングルソースのデータですから、上記の全てのデータを個人(=ID)を特定して分析が可能です。
属性情報は、性別、年齢、居住地が取得済みです。

◎Webサーベイで、追加的にアンケート調査を実施できる
~結果は、個人(=ID)にひもづけて分析が可能

2つの分析アプローチ

1)時系列の変化を捉えて深掘りする
~例えば、あるカテゴリーに関する検索ワードの変化を分析

2)セグメントごとの違いを捉えて深掘りする
~例えば、団塊世代と団塊ジュニアの共通点や違いを分析

オポチュニティを感じる事象の深堀り

・デコムのインサイトリサーチ手法を活用して、インサイトを発見する
・ソーシャルメディア分析、Web文章完成法、ビジュアル刺激法、行動観察など

アウトプット(標準的な例)

○事象リスト
・オポチュニティを感じる事象の一覧
・消費者のネット上での膨大な行動事実データに基づく

○個別インサイトシート
・事象に潜むニーズを分析したもの
・「シーン」「源泉要因」「ベネフィット」「生活背景」を構造化して1ページにレイアウトしたシート
・このシートを数十枚アウトプットする

○インサイトマップ
・多数の事象に潜むニーズ(=個別インサイトシート)を2軸で整理したマップ
・一枚絵で全体を俯瞰して見られる

さあ、あなたもビッグデータを活用して、いい商品、いい広告プロモーションのアイデアを創り出しませんか?

こんな方におすすめ

  • ビッグデータをアイデア開発に活用したいが、具体的には手がつけられていない方

よく読まれている記事

OTHER

デコムの最新刊『「欲しい」の本質~人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方~』

2017.12.08

SOLUTION

買わない理由を聞かずに、買わない理由を明らかにする方法とは?「買わない理由の法則」

2017.03.10

OTHER

競合やユーザーを調べるんじゃなくて、人間を見に行こう

2017.12.01