一般的なマーケティングリサーチと、デコムのインサイトリサーチとの違いは、消費者の行動につながる“隠れた心理”にアプローチする点にあります。この手法により探り出したインサイトからアイデアを見出すワークショップと、定量的な検証を組み合わせ、ヒットアイデアの開発支援を展開していきます。

OVERVIEW

ヒットアイデアの開発を支援するデコムの3つの技術

Insight Research

消費者を動かす隠れた心理を明らかにする、
独自のインサイトリサーチ手法

Idea Development

構造的にアイデアを創出する、
体系化されたプログラム

詳細を見る

Idea Development

人は、簡単には既成概念から逃れることはできないという課題を
体系化されたプログラムで解決します。

既成概念に縛られると、現状の延長線上のアイデアや市場を切り刻んだニッチなオポチュニティ発見しかできません。 多様なメンバーを集め、自由な雰囲気でブレストを行うことで既成概念から逃れるようとしても困難であり、プロフェッショナルであればあるほど、既成概念から逃れることが難しくなるからです。 デコムのワークショッププログラムは、ノリと勢いに任せるのではなく、構造的に参加者の既成概念(認知バイアス)を壊すことで、オポチュニティ発見やアイデア開発を 容易にするための、さまざまな刺激、仕組み、仕掛けが用意されています。

「オポチュニティ発見」と「アイデア開発」

「オポチュニティ発見」は、文字通り、ビジネス上の機会を見つけることです。
機会を見つけたら、その機会をどのような製品・サービスやプロモーションによってセールスなどの成果につなげるか、それを創り出すのが「アイデア開発」です。

例えば、人のお酒の飲用シーンを観察し、「チューハイはビールより倍くらいダラダラ、チビチビ飲まれている」という事実を発見したとします。 そこで、「いまのチューハイは、ゴクゴク飲みには最適だが、ダラチビ飲みには合っていないのではないか?」「タラチビ飲みに最適なチューハイが潜在的に求められてい て、それがいまのチューハイでは十分に充たされていないのでないか?」という仮説を得たとします。

次に、ダラチビ飲みに消費者が求める味・中身や世界観を明らかにし、具体的な製品の開発コンセプトやネーミングやパッケージの表現アイデアする。 これが「アイデア開発」です。

このように、まず「オポチュニティ発見」を行い、次に「アイデア開発」を進めます。

オポチュニティ発見

スペースファインダー 競合も気づいていない「市場のホワイトスペース」を発見します。

アイデア開発

アイデア開発ワークショップ インサイトを起点に価値と技術シーズを結び付けてアイデアを開発します。

アイデア開発ワークショップの質を高めるソリューション

ひとこと化メソッド 開発したアイデアのコアとなる要素を端的に分かりやすく表現するためのひとこと化開発プログラム。ワークショップに組み込むことで、アウトプットの精度をより高めることができます。

技術カード クライアント社内の技術と、IoTや人工知能などの社外の次世代技術をデータベース化してカード化。ワークショップで活用することで、アイデアの生産性と実現可能性を高めます。

マンガプロトタイピング 開発したアイデアによって実現されるシーン&ベネフィットなど、文章や言葉で説明するだけでは伝わりにくい内容をイラストで表現することで、理解度や共有しやすさを高めます。

閉じる

Data Science

インサイトやアイデアを評価する、統計技術

詳細を見る

Data Science

デコムが提供するアイデア開発プロセスには、
データサイエンス、数理統計の技術が用いられています。
デコムの技術

『統計学の分類、縮約、予測の技術』 『自然言語処理(テキストマイニング技術)』 『機械学習、ディープラーニング技術』

仮説の検証

オポチュニティを統計的に検証する
インサイトとアイデアを統計的に検証する

セグメンテーション

インサイトに基づいて消費者をセグメンテーションする
インサイトを類型化する

インサイト発見

SNSでの消費者の投稿データからテキストマイニング技術を活用し、インサイトを探り出す

オポチュニティ発見

Web上での消費者の検索やWebサイト訪問履歴の行動データを解析し、オポチュニティを見つけ出す

閉じる

PROCESS

成果を生み出すアイデア開発のプロセス

オポチュニティ発見

ビジネス上の機会を見つけます

トレンドハンディング Insight Research

トレンドハンディング

世の中のメガトレンド、マイクロトレンドを集め、生活者の新しい事象行動やそこに潜むニーズを明らかにします。リサーチ課題の設定やオポチュニティの仮説構築に活用します。

新奇事象リサーチ Insight Research

新奇事象リサーチ

企業が想定していない予想外の使い方や楽しみ方など、新奇性のあるユニークな行動とそれを実際に行っている個人を特定し、どの企業も未だ充たしていない新しいニーズの仮説を導き出します。

エスノグラフィ Insight Research

エスノグラフィ

対象者の自宅などに訪問し、調査対象について実際の使用シーン、使用方法などの行動を観察。行動内容に関連するインタビューも併せて実施してインサイトを導き出します。

スペースファインダー Idea Development

スペースファインダー

「潜在ニーズがあり&そこにはまだ競合がいない」市場のホワイトスペースを見つけ出すセッション。「ブレイク・ザ・バイアス」の発想をもとにインサイトリサーチで探索すべき機会領域を発見します。

ソーシャル分析 Data Science

ソーシャル分析

インサイトを探り出したい対象事象の関連キーワードを設定し、ブログなどのSNSの投稿内容を検索。抽出した膨大なテキストデータをもとに、量・質の両面で様々な分析を行います。

データサイエンス&アート Data Science

データサイエンス&アート

消費者のネット上での膨大な行動事実データを解析し、マーケットの現状や今後の動向を可視化・構造化します。ターゲットセグメンテーション、需要予測、商品開発のヒントなどの仮説を立てることができます。

インサイトリサーチ

インサイトを明らかにします

ビジュアル刺激法 Insight Research

ビジュアル刺激法

たくさんの写真を刺激物として、気持ちや五感の投影を通じてインサイトを明らかにします。投影法の技術を活用し、無意識に間接的にアクセスすることを意図した調査手法です。 ※デプス版、Web版、モバイル版、リモート版の4つのメニューがあります

文章完成法 Insight Research

文章完成法

「刺激文」としての未完の文章を提示し、単語や句を補って意味の通る文章を完成させる調査手法。曖昧な設問により回答者の心の内面や性質を明らかにすることができます。

デビルインサイト Insight Research

デビルインサイト

人間の感情の表(エンジェル)ばかりでなく、普段は表に出さない裏の感情(デビル)をしっかり読み解き、より本質的なインサイト分析やアイデア開発に生かしていこう、という考え方です。

ポテンシャルファインダー Insight Research

ポテンシャルファインダー

コモディティ化した市場において、競合に対しての独自性や優位性を発揮していくために、ブランドが有している潜在能力をインサイト起点で引き出すアプローチ手法です。

買わない理由(わけ) Insight Research

買わない理由(わけ)

なぜ買わないのか、その理由を直接聞いても人は通り一辺倒な、ありがちな答えしか返してくれません。そうした問題をクリアして、隠れた不満インサイトをあぶり出すアプローチ手法です。

五感リサーチ Insight Research

五感リサーチ

消費者が商品に求める“五感”をリッチに言語化する手法です。五感にひもづくインサイトを明らかにすることで、商品の中味やネーミング、広告の世界観のヒントが具体的に見えてきます。

カスタマージャーニー Insight Research

カスタマージャーニー

消費者が顧客化していく一連の態度変容プロセスを時系列で表現します。ターゲットにとって重要なMoTにおける“点”としてのインサイトを発見し、それを“線”で結びストーリーでアウトプットします。

インサイトの検証法 Data Science

インサイトの検証法

インサイトリサーチによって明らかにした複数のインサイトをプリコード化し、共感するか否か等、クライテリアを設定して聴取することでインサイトを数量化します。

インサイトセグメンテーション Data Science

インサイトセグメンテーション

インサイトの定量化データをもとに統計解析を行い、代表性のある集団4~5グループ程度にターゲットを分類します。ターゲットペルソナを充実させたり、各種調査の集計軸としても活用が可能になります。

インサイトマンダラ Data Science

インサイトマンダラ

インサイトを網羅的に明らかにして一枚絵で表現します。テーマに関連するインサイトを360度の大きな観点から検証することで、現在の市場理解および今後の動向予測に役立てます。

アイデア開発

機会を捉えたアイデアを開発します

アイデア開発ワークショップ Idea Development

アイデア開発ワークショップ

インサイトリサーチのアウトプットを刺激剤としてアイデアを開発するワークショップ。オリジナルのフレームワークなど、専用のプログラムとツールを提供し、高打率でアイデア開発を導きます。

ひとこと化メソッド Idea Development

ひとこと化メソッド

開発したアイデアのコアとなる要素を端的に分かりやすく表現するためのひとこと化開発プログラム。ワークショップに組み込むことで、アウトプットの精度をより高めることができます。

技術カード Idea Development

技術カード

クライアント社内の技術と、IoTや人工知能などの社外の次世代技術をデータベース化してカード化。ワークショップで活用することで、アイデアの生産性と実現可能性を高めます。

マンガプロトタイピング Idea Development

マンガプロトタイピング

開発したアイデアによって実現されるシーン&ベネフィットなど、文章や言葉で説明するだけでは伝わりにくい内容をイラストで表現することで、理解度や共有しやすさを高めます。

プロトタイピング

アイデアを試作し、評価します

コンセプトテスト Data Science

コンセプトテスト

開発したアイデアに対する評価とその理由、および改善点を明らかにする調査です。量・質の両面から分析を行い、プロトタイプ開発の精度を高めます。

ホームユーステスト Data Science

ホームユーステスト

発売前の製品サンプルを送付し、試用してもらい、評価を得る調査手法。普段の生活シーンの中で、実際に利用して回答してもらうため、記憶に頼らずにリアルな情報を得ることが可能です。

セントラルロケーションテスト Data Science

セントラルロケーションテスト

上市前の新製品などを、実際に見て、触って、体験してもらい、意見や感想を聴取する会場調査です。インタビューも併せて実施することで、具体的な評価を得ることができます。

ローンチ

トラッキング

発売後の消費者の反応を追跡します

ソーシャル分析 Data Science

ソーシャル分析

上市した商品やサービスがどのように評価されているのか、ソーシャルメディアの話題ボリュームの検証と投稿コメントの質的分析を通じて明らかにします。